共感ソング・共感ポエム

menu01
site_song

 

みなさんは歌を聴き、涙が溢れでた、また歌に癒されたというご経験をお持ちでしょうか?
おそらく、ご経験されたことがあるのでは…と思います。
もちろん、私も経験者の一人です。

聴いた曲の歌詞に共感したり、また歌が自分に共感してくれているような気持ちになった時、普段は表にでることなく心の奥深くにしまっているような感情でさえ、ふっと表にでてくる瞬間があり、同時に涙がこぼれでる…というようなことがあります。
音楽が持つ不思議な力です。

心理療法の中のひとつに音楽療法があります。
その音楽療法の基本原理に「同質の原理」というものがあります。
この同質の原理とは、聴く人の心の変化に合わせて選曲をするというもので、辛いという気持ちの時は、まずその辛い気持ちを重ねられるような音楽を聴き、自分の気持ちを表に出して心が少し癒されてから、徐々に自分がなりたい気分の音楽を聴いていくと、比較的順調に感情転換が実現しやすくなるというものです。

辛い時こそ元気がでるような音楽を聴くのが良いと考えられがちですが、実はそれは逆効果で、無理に今の気分とかけ離れた音楽を聴くと、その歌詞やテンポに拒否反応が起こり、ストレスとなってしまうこともあるのです。
何故なら、自分にとって辛くて苦しい感情であっても、感じないようにしたり忘れようとするのではなく、その辛くて苦しい感情を、感じて感じてとことん感じ切ってあげることで、その感情は浄化され、重かった心も軽くなるからです。

どうしようもなく苦しい時に歌に助けられた私は、メンタルヘルスアドバイザーとして何かできることは…と考え始めた時、「共感ソング・共感ポエム」としてYoutubeに動画をアップすることができるのでは…という考えが浮かびました。

作詞、作曲、歌、全て私がしました。

私が作った「共感ソング・共感ポエム」を聴いて下さった方が、「誰かに共感してもらえているような感覚」になり、心の中にある辛い感情が表に出ることを許され、癒され、浄化されることに繋がれば、そして、聴いた後に少しでも楽になれたと感じていただければ、心から嬉しく思います。

一度聴いてみてくださいませんか?

soong_banner

ページトップへ