箱庭セラピーの体験コース

「箱庭セラピー」の体験コースご自分の心と直接アクセスする箱庭の世界を体験してみませんか?

こちらは、大人気の「箱庭セラピー」の体験コースです。

お悩みがある方はもちろん、別に悩みという悩みはないけれど、自分の心をのぞいてみたい…という方にもお気軽に受けていただけるよう「3つのコース」をご用意させていただきました。

・自分が心から望んでいることって何だろう?

・自分が本当にしたいことって何だろう?

・自分の生き方はこれでいいの?

その答えに出会えるかもしれません。
遊び感覚なのに、心の深いところにある「貴女自身も気づいていない心の声」を聴くことができる箱庭セラピー。
ご自分の心との対話を一度されてみませんか?
受けられた方の第一声は、皆さん「箱庭恐るべし!」です。
ぜひこの機会にご体験ください。

~ 体験メニューのご紹介 ~

◆ 箱庭セラピーの体験 <50分コース>
◆ 箱庭セラピーの体験 <90分コース>
◆ 箱庭セラピーの体験 <120分コース>

~ 各体験の詳細は下記をご覧ください ~

箱庭セラピーとは

箱庭セラピーとは
箱庭セラピーは、ご自分が気になるミニチュア玩具を選ぶところから始まります。
選んだミニチュア玩具を砂の入った箱の中に自由に置き、また砂自体を使って何かを表現したりして、箱の中に1つの世界を作っていただきます。
その作っていただいた世界を通して、ご自分の心の中を見つめることができる心理療法が箱庭セラピーです。

箱庭セラピーは、その特性から現実的なことだけではなく、非現実的なことまで表現しやすく、言葉にならない心の葛藤やイメージが浮き彫りになることが可能です。
また意識していることだけではなく、気がついていなかったご自分の心の状態や動きを直接的に感じることができますので、自己理解が深められ、ご自分が本来望む生き方に方向転換するきっかけになることも多いです。…という一般的な説明だとわかりにくいかもしれませんね。

簡単に説明させていただくと、箱庭セラピーは何気なく選んだ「モノ」を通して自分の心の深い部分を見つめることができる心理療法です。
人は「悩んでいる」という実感を持っていなくとも、今まで生きてきた人生の中で我慢したり、諦めたり、本当の自分の気持ちを出せずに「なかった事」にしている気持ちってありますよね。
誰にも相談できずに1人で解決したでき事も、その時の気持ちは出せずじまいで終わっています。
そのように「なかった事」にして無意識の中に抑え込んでいる気持ちが、箱庭セラピーを進めているうちに、例えそれが何十年も前、幼少期の2~3歳頃の気持ちだったとしても出てくるところが箱庭セラピーのおもしろいところです。
人は、無意識のうちに抑え込んでいた気持ちが出せると、重くのしかかるモヤモヤ感が消えると言われています。
モヤモヤ感が消えると、不思議なことに気持ちはスッキリしてラクになります。
スッキリして、心身共にラクになると、未来が明るくなり前に進みやすくなりますよね。
その感覚を味わっていただけるのが箱庭セラピーです。

<下記の方におすすめです>

◆ 箱庭セラピーに興味のある方
◆ カウンセリングを経験してみたい方
◆ 自分から話すことは苦手で…という方
◆ これといって悩みはないけれど、自分の心の声を聞いてみたいという方
◆ 普通に生活しているけれど、何かモヤモヤ感があるという方
◆ もっと幸せになりたいと思っている方
◆ 自分の望む人生が歩めていないと感じる方
◆ 漠然とした不安がある…という方
◆ 何をしても心から楽しめないという方
◆ 自分に自信がないという方
◆ 一歩踏み出せずにいる方…etc.

そんな方は、ぜひ一度お試しくださいね。

 

箱庭セラピー50分コース

今現在のご自分の心の声が聞こえる体験コースとなります。
・お茶を召し上がっていただきながらカウンセリング(約10分)
・その後、ミニサイズの箱庭を使用し箱庭セラピーの体験(20~30分)
・体験後のカウンセリング(残り時間、ご希望の場合は延長も可能:別途料金)

初めてカウンセリングルームを訪れるという方にピッタリなコースです。

 

箱庭セラピー50分コース

※初めてご予約の方は「ご利用の前に」をご覧になり、ご同意の上ご予約ください。

 

<体験例>

箱庭セラピー50分コース特別な世界ではなく、日常的にある風景…ということでお話が始まりました。
全員が知り合いというわけではないけれど、それぞれが幸せを感じている世界…ということでした。
一見何も問題がなさそうな世界です。

その中の1人、全体を見たくて上に座っている子のお話をたくさん聞かせてもらいました。(上写真の下の方、ふちに座っている子)

そこに居ることは、その子にとっては居心地が良く幸せだということでしたが、お話を進めていくと、本当は箱庭の世界に入りたい気持ちがある…ということがわかってきました。

何故自分から入らないのか?

その理由は、その子とイスに座っている子たちとの会話からわかってきました。

その子は、人と深く関係を持つことに不安を感じていたようでした。

傷つくことが怖くて、踏みだす勇気がなかった…ということに気づきました。

イスに座っている子たちは「チャレンジしないと何も生まれないよ」と言い、「私たち2人も、もちろん傷ついたこともあるし、いろんな経験をして、いろんな気持ちを乗り越えて、やっといい関係が結べるようになったんだよ」と話してくれました。

3人で会話をしているうちに、その子が本当に望む世界が見えてきました。

勇気をだして自分からみんなに声をかけ、その子自身の力で、箱庭の世界を自分が本当に望む世界に作り変えました。

それが下の写真で、みんなの輪の中に入っていますね。

傷つくことを恐れずチャレンジして成功したことに、心から嬉しそうでした。

その子は「考えていたより簡単だった」と言い、何だか自分に自信を持てる子になりました。

「知らず知らずに人との関係に距離を置いて、それでいいと思っていたのは、傷つくことが怖かったり、いい関係を作ることに自信と勇気がなかっただけなのかもしれない。恐れていては何も始まらない。あんがい案ずるより産むがやすしかも…」、そんな気づきが体験者様に芽生えた箱庭セラピーになりました。

※掲載の体験例は、全てご本人様から掲載の許可をいただいております。

 

「箱庭セラピー」0分コース予約
※初めてご予約の方は「ご利用の前に」をご覧になり、ご同意の上ご予約ください。

箱庭セラピー90分コース

今現在だけではなく、過去の心の声にもアプローチさせていただくコースです。
・お茶を召し上がっていただきながらカウンセリング(約10~20分)
・その後、ミニサイズの箱庭を使用し箱庭セラピーの体験(30~50分)
・体験後のカウンセリング(残り時間、ご希望の場合は延長も可能:別途料金)

ご自分の心の中を深く知ってみたいという方におすすめのコースです。

 

箱庭セラピー90分コース
※初めてご予約の方は「ご利用の前に」をご覧になり、ご同意の上ご予約ください。

 

<体験例>

箱庭90分コース家の前には海があり、裏には小高い山があるような自然の中で、家族が自由にゆっくりとしているという世界からお話が始まりました。
お話を進めていると、ゆっくりできていない子が見つかりました。それは家でした。(上写真の右の方)

家はピカピカの家として生まれたのに、いろんなもめ事があったり、訴えてもわかってもらえなかったり、重たくて自分ではもう動けないくらい自由ではなくなっていました。
家の中も片付いていないし、大事に使ってくれない。
しがらみから抜けたい、自由になりたい、どうにかしてくれ~という気持ちでした。
家の年齢を聞いたら、まだ10歳でした。

10歳でそんなにしんどい気持ちを抱えていたなんて、辛いでしょうね。
10歳だったらお母さんがどこかにいるはず…、ということで探してもらいました。
見守っている…というイメージで置いたので「ふくろう」がお母さんではないか…ということでした。
そして、そのしんどい気持ちをお母さんに話してみることにしました。
家はお母さんに話し出したのですが、自分の気持ちを訴えるより、いつも忙しく、一生懸命頑張っているお母さんに対して気遣う言葉ばかりでした。
家は、いつもバタバタと自由がなく辛そうなお母さんの姿を見て、我儘も言えず、甘えることもできずにいたようでした。
お母さんも辛かったでしょうが、家もまた辛かったでしょうね。

家はお母さんに「いつも我慢ばかりしていないで、一緒に自由になろう!もっと楽しもう!」と訴えました。
「ぜひこの中で好きにさせてあげてください」…とお伝えしたところ、2人で旅に出ることになりました。
最初にあったものは全部いらないとのことで、箱から出し、2人きりでいろんなところに旅にでました。
10歳の家はお母さんを独り占めでき、とっても楽しそうです。
お母さんも一緒に楽しんでいる様子でした。
10歳の時の夢が箱庭で叶いましたね。

最後に、幼いなりに一生懸命頑張っていた10歳の家にたくさん癒しの言葉をかけてあげましたよ。
そして、もう我慢ばかりしなくてもいい自由な世界を作りましょう…と作った世界が下の写真です。
ほんわかと、とても幸せそうですね。

体験者様は、「家は10歳の頃の自分が投影されている」…と、途中でお気づきになられた…とのことでした。
このように体験者様のお気持ちが箱庭の世界に投影された瞬間、その当時に感じたままの感情が思い出されます。
だから、ふくろうのお母さんに自分のお気持ちを訴えている時に、たくさんの涙がこぼれたのですね。

たくさんのことを我慢して、誰にも言えずじまいで、抑圧したままだった感情を全部出せたのでスッキリされたそうです。
そして「自分の願いを訴えても、どうせ叶いっこない…と、最初からあきらめてしまっている自分」に気づかれたそうです。
これからは「自分が行動を起こせば、必ず自分の望みに近づける」…と信じて、我慢ばかりする世界から抜け出し、箱庭の世界のように楽しい人生を歩むために、自分から発信することをチャレンジしてみる…とのことでした。

※掲載の体験例は、全てご本人様から掲載の許可をいただいております。

 


※初めてご予約の方は「ご利用の前に」をご覧になり、ご同意の上ご予約ください。

 

箱庭セラピー120分コース

ゆっくりと時間をかけ、インナーチャイルドの感情までアプローチさせていただきます。
・お茶を召し上がっていただきながらカウンセリング(約30分)
・その後、既定サイズの箱庭 (57cm×72cm×7cm) を使用し、箱庭セラピーの体験(50~60分)
・体験後のカウンセリング(30~40分)

しっかりとご自分と向き合いたい方にお勧めのコースです。

 

ご予約
※初めてご予約の方は「ご利用の前に」をご覧になり、ご同意の上ご予約ください。

 

<体験例>

箱庭セラピー120分コースこの箱庭の世界は、川がくねって流れている広場、そして向こうの山(左上)にはエンジェルがおり、手の形の置物を置いたのは「おいで」と言っているから…ということでした。
クマさん(写真上の右側にいる子)は、エンジェルの山に行きたいと思っている子でした。
でも、真ん中の方に居る猫たちが「一緒に遊ぼうよ。そんなところまで行かなくてもいいよ。」と言ってきたり、川を渡る橋が座っている子たちで塞がれていたり、厳しい門番とその家来が監視していたり、簡単には到達できなさそう…ということでした。

クマさんはどうしたらいいでしょうね~とお話を進めていくと、いろんなことがわかってきました。
この箱庭の世界にいる子たちは、自分がしたいと思っていることをしている子だったり、しようとしている子ばかりなので、我慢したり、頑張っている子はいない…とのことでしたが、実は、橋の上に座って遠くを眺めながら、ゆっくり、のんびりしている子たちと言っていた赤色の子と黄色の子は、その姿からは想像もできないような「心の葛藤」を持っている子たちだということがわかりました。
赤色の子は周りのことをとっても気にする子で、心配したり、不安になったり、いつも気を張っている子でした。
そんな自分に疲れているのかな、心の中で「新しい世界に行きたい」と考えている子でした。

そして、この子もエンジェルの山に行きたいと思っていたのです。
たくさんの人がエンジェルに相談をしに行っているので、自分もいろいろと聞いてみたい気持ちがあるようです。
でも自分1人では心配なので、黄色の子を誘ってみようと考えていました。

最初、ほのぼのとした、癒しタイプの子とお話された黄色の子は、実は、1人で頑張る生き方を身に着けないといけない環境で育ったようで、人には自分のネガティブなところを見せてはいけないと固く思っている子でした。

だから、幸せそう、楽しそう、のんびりしている、癒しタイプの子に見えたのですね。
でも、本当は、とても傷ついた心を隠して生きていました。
そんな事、誰にも相談できませんから、みんなと居ても心はいつも一人ぼっちです。
たぶん、幼い頃の環境で「本当の自分をだすと嫌われる」「自分の気持ちより他人の気持ちを大切にしないといけない」というような思い込みができてしまったんでしょうね。
自分のことで迷惑をかけてはいけない、周りの人に好かれるように生きないといけない…と、一生懸命生きてきて、自分の本当の気持ちはなかったことにしている子ということがわかりました。

だから、長い間隣にいた赤色の子にさえ、自分の本当の気持ちは言ったことがありませんでした。
そんな「生き辛くさせる思い込み」から解放してもらえるように、時間をかけて、ゆっくりとお話を進めました。
そしたら、本当は、エンジェルの山のことが気になっているから橋の上に居る…ということがわかってきました。
でも、怖くて行けない。

何が怖いのでしょう?
実は、黄色の子は、昔エンジェルの山に行ったことがある子だったんです。
でも、その時に、エンジェルにとても傷つくようなことを言われたそうです。
それから、怖くて怖くて…。

みんなエンジェルを慕っているから、こんな自分の気持ちなんか誰もわかってくれない…と思っていたようです。
赤色の子は、「そんな気持ちをずっと抱えていたんだね。気づいてあげられなくてごめんね。」と黄色の子に言いました。
黄色の子は、自分の気持ちをわかってくれる人がいて嬉しくなりました。
そんなことがあった後、クマさんが橋に到着しました。

3人でエンジェルの山に行くお話になりましたよ。
でも、黄色の子はよっぽど怖いのか「うん」とは言いません。
優しい顔のエンジェルだけど、裏に回れば怖い顔でいろいろと言ったから行きたくないらしいです。
「なにか誤解があるかもしれないよ。確かめに行こう!」と誘われ、やっとその気になりました。
3人で行くことになったので、クマさんも簡単に橋を渡ることができましたね。
実は、門番の家来のサメさんもエンジェルの山に行きたいと思っている子でした。
3人の話が聞こえてきて、サメは門番の目を盗んで、橋まで行き「仲間にいれてほしい!」と頼みました。
サメは、本当は家来なんかなりたくなかった、みんなで楽しくしたい…と思っている子でした。
どんどん仲間が増えて、4人でエンジェルの山を目指すことになりました。

今まで孤独だった黄色の子は「本当の自分」を見せた途端、あっという間に4人の仲間ができました。
黄色の子はわかり合える仲間ができて、嬉しくて、心からの笑顔になっているとのことでした。
4人はエンジェルの山につき、エンジェルに会いに行きました。(真ん中の写真)

黄色の子はエンジェルに昔の話をしました。
すると「エンジェルが怖い」と思ったのは、誤解だったとわかったんです。
その時の黄色の子はまだ若かったので、「無理はしない方がいい」という意味だったエンジェルの言葉を「そんなことお前にできるわけがない」と言われたように思ってしまったようでした。

誤解が解けて、エンジェルも黄色の子も、そしてみんなも笑顔になっています。
怖がらずに行動を起こしてよかったですね。
黄色の子は、心の傷も癒えて、自分の気持ちを素直に言ってもいいこと、もう頑張らなくてもいいことを知ることができました。
何よりも、孤独ではなくなりました。

「自分のことをわかってくれる人がいっぱいいる!もう寂しくない!」そんな気持ちになれた黄色の子の表情がどんどん違ってきたそうです。
幸せな気持ちと感謝の気持ちで笑顔になっているとのこと。

もっと幸せな気持ちにさせてあげるには、何をしてあげたらいいでしょう。
その問いの答えは、みんなとパーティーをしたい…でした。
今まで孤独だったけど、やっと素直な自分を出せるようになって人との壁がなくなったので、たくさんの人と楽しく過ごしたいとのこと。
さてさて、楽しいパーティーの準備です。

体験者様もワクワクしながら、いろいろと選んでくださいましたよ。
なんと!パーティーの真ん中にいる子が黄色の子でした。(下の写真)
黄色の子は、いろんな心のわだかまりが取れて、みんなと楽しめる子になったそうです。
少し離れた所にいるカエルさんが気になって聞いてみると「この子はいろんな人を見ているのが好きな子なので…」とのことでした。
無理することはありません。

そのうちに誰かが誘って、この子も仲間になるかもしれませんかからね。
黄色の子は、1人じゃない嬉しさ、心が解放されて自由になれた嬉しさを味わいながら、もう周りの人に気を遣う必要もなく、素直な自分で心からパーティーを楽しめる子になれました。

ありのままの自分を出せるようになれてよかったですね。

体験者様は、自分は普通に生きてきたつもりだったけど、この箱庭を通じて
・楽しそうなフリをしていただけで、心からではなかった
・心はこんなに孤独で寂しかった
・人の気持ちばかり考えて、自分の気持ちはこんなに我慢させていた
・心が傷ついたままになっていることがあった
・何かに対して、とても怖がっている自分がいる…等々、
自分でも気づいていなかった、深いところに存在していた「心の声」を聞きびっくりすると共に、見せつけられた感じがした…とのことでした。
自分は元気に頑張れる人だ…と思って生きてきたけど、実は、そういう自分でいないといけないから一生懸命頑張っていただけで、本当の自分の気持ちをないがしろにしていることに気づかれたそうです。
自分の成育環境を考えると、そんな自分のことを認めたくないけど、認めざるをえない…とおっしゃっていました。
でも、我慢しない方が上手くいく、ありのままの自分でいいんだ…という気持ちが、今回の箱庭を通して心の中に芽生えたので、これからは少しずつ「頑張らない自分作り」「我慢しない自分作り」ができそう…とのこと。

心を開いた部分をお話して下さるまで少しお時間がかかりましたが、それだけ頑張って来られた証拠ですからね。
自分に厳しくすることばかり学ぶ環境でご成長されたのだと思います。
今後は、どんどん自分に優しくしてあげてくださいね…と、お伝えさせていただきました。

※掲載の体験例は、全てご本人様から掲載の許可をいただいております。

 


※初めてご予約の方は「ご利用の前に」をご覧になり、ご同意の上ご予約ください。


 

ページトップへ