生き癖とは

何故なの?どうしてなの?

今まで生きてきて、同じようなことが原因で落ち込んだり、不安になったり、怒りを感じたり、辛くなったり、また自分を責めたり…、そんな気持ちになったことはありませんか?

生き癖とは生き癖という言葉の中の「癖」という意味ですが、人が無意識のうちに、あるいは特に強く意識することなく行う習慣的な行動のことをいい、本人がその癖の存在を意識できるようになるまで、その癖は知らず知らずに自動的に繰り返される…とあります。

「生き癖」とは、まさに無意識のうちに、そして、知らず知らずに自動的に繰り返されてしまっている生き方のことを意味しています。

知らず知らずに自動的に繰り返されていると聞いて、「いや、私はいつも自分で考えたように生きている」と思われる方も多いでしょう。
でも、少し自分の人生を振り返ってみてください。
「あれ?そういえば、同じような状況が起こり辛かった経験が何度かある」と感じるならば、もしかしたら、貴女を辛くさせる生き癖が貴女の無意識の領域に存在しているかもしれません。

人の生き方の基本となっているものは何でしょうか?

それは、その人自身の考え方や価値観が大きく関わっています。
もし、その考え方や価値観が「~すべき」「~してはいけない」というような、自分にも他人にも厳しいものだったらどうでしょうか?
あるいは、自分のことよりいつも周りに気をつかう、思っていることが言えない、甘えたいのに甘えられない…等のように、心が疲れるようなものだったらどうでしょうか?
そしてもし、そんな心が疲れる考え方や価値観が、自分では意識することができない無意識の奥深くに存在しているとしたら…。

生き癖とはとても驚くことですが、特に、人生の重要な決断をする際に、その無意識に存在している考え方や価値観に指図され、知らず知らずに、自分が本来望む道ではない方の道を、「これが正しい選択」という思いと共に選び、生きているかもしれないのです。

何故なら、人間が意識できている言動は10%未満に過ぎず、90%以上が無意識によって動かされているからです。

自分が本来望む道でなければ、当然心は疲れます。
心にいつもストレスを抱えた状態になりますから、生き辛さを感じるようになるのです。
でも、その生き辛さの原因となっている考え方や価値観が、無意識の領域に存在しているならば……。
無意識ですから、「何故そうなるのか」 自分ではつかむことができません。
その存在に気づかれることがなければ、その生き辛さの原因となっている考え方や価値観は、そのまま無意識の領域に居続けます。
意識できなければ改善のしようがありませんから、知らず知らずに堂々巡りが起こる……。
自分にとって生き辛い状況が何度も繰り返されている原因は、そこにあるかもしれないのです。

でも、どうぞ怖がらないでください。

癖は、意識できるようになれば、もはや癖ではなくなります。

無意識に繰り返す癖ですが、その癖に気づき、意識できるようになりさえすれば、少しずつであっても自分の力でコントロールできるようになりますし、何よりも気づくことができれば、知らず知らずに繰り返すという状況ではなくなります。
例えば、貧乏ゆすりをしなくなった、あるいは爪を噛む癖の回数が減った、そんなお話を耳にされたことはないでしょうか?

生き癖も同じです。

無意識の領域に存在している自分を辛くさせる考え方や価値観を発見できれば、その存在を意識できるようになりますから、少しずつであっても、自分の力で繰り返す状態にストップをかけられるようになり、自分が本来望む道に向かって歩み始めることができるようになるのです。
そうなれば、心が解放されていく感覚を少しずつ感じるようになるでしょう。

生き癖の基本となるものは、いったいいつ形成されるのでしょうか?

生き癖実は、とても幼い頃に形成されます。
幼い頃の成育環境から、幼いなりに一生懸命学んだり考えたりして、自分にはこういう生き方が合っているだろうと、自分の生き方の基本となるものを形成します。
ただ、幼いですからまだまだ未熟、勘違いだってあります。
でも勘違いも含めて、それらの思いこみは、幼少期には無意識の奥深くに埋め込まれます。
無意識の奥深く…、だから、自分自身でその存在に気づくことがとても難しくなってしまうのです。

幼い頃には必要だった考え方や価値観も、大人になった今ではもう必要ないかもしれない、そんな考え方や価値観が貴女の心の奥深くに存在し続けているとしたら…。
それが心に葛藤を生む「生き癖」となり、今の貴女を苦しめているかもしれないのです。

ご自分が辛さを感じない生き癖なら、そのままでよいかと思います。
でも、モヤモヤしたり、望む方向へ進めなかったり、なんだか生き辛い…そんなお気持ちがある方は、一度、ご自分の「生き方の癖」 を考える時間を持たれてみてはいかがでしょうか?

当サロンにて、「あなたを辛くさせる生き癖」 をお探しします。

ご自分を生き辛くさせる「生き癖」を意識できるようにし、これからは、そんな「生き癖」に振り回されない人生を歩みましょう。
貴女の心は、今まで十分頑張ってきました。
もうラクにしてあげましょう。

さぁ、貴女の新しい人生のスタートです。

がんじがらめだった貴女の心を自由にし、広い青空に向かって飛び立たせてあげましょう。
そこに「本当の幸せ」があるのですから……。

 

ページトップへ